訓練104日目「SurfaceViewが熱い!!」

訓練104日目「SurfaceViewが熱い!!」

クオリティを出すには睡眠時間を削るしかない。
こんにちは、私は元気です。でも眠いです。

キャラクターが動いた!

キャラクターが動いた!

キャラクターが動きました-!わーきゃーぱちぱちー!
以前作った、ぶーんの大冒険ドロイド ライブ壁紙で培った知識を利用しています。

今回は始めてxmlでSurfaceViewを置いてあげるってことをやっています。
しかし、これが地獄の始まりだとは知る由もなかったのです。。。

SurfaceViewを取得してそこにいつも通り画像を切り替えていく。
ここまでいいです。

問題はどうやって別アクティビティに飛ばすのよっていう。。。
ツイートボタンを押して遷移する訳ですが、いつもはActivityの中に作って引数のView vをあーだーこーだー
starActivityしてあげているわけですが、ここでめちゃくちゃはまりました\(^o^)/オワタ

自分でももうよく思い出せない。
先生さまさまです。

オレの肉が一番ウマイ!!

オレの肉が一番ウマイ!!

ここまでで疲れてしまって、2時間くらいでアプリ作ってサクっと公開できないかなーってお昼休み中に考えてしまいました。
ストックしてあるアイディア帳から作りたいものを選んで、適当に画像をばばば

SurfaceViewを今度はどどーんとmach_parent。
キャラクターを動かす。
ここまではすんなりいきました。

ジェスチャーディテクターを使ってフリック機能をいれる。
フリックの量をArraylistに入れる。

そして、フリックしたら動くようにするってところで撃沈。
(‘、з)っ⌒っ 不貞寝フラグ。