おさらい5回目

おさらい5回目

javaの問題をがんがん解いていきます。

Q1.Java言語の最大の特徴を次の中から選びなさい。

  1. アスペクト指向
  2. 手続き指向
  3. オブジェクト指向

答えは3番。
「オブジェクト」とは、特定のデータと手続きの組み合わせです。
このオブジェクトを「もの」 として考え、オブジェクト同士のやり取りでプログラムを組み立てていく考え方を「オブジェクト指向」といいます。
これだけでは抽象的で分かりにくいので、Javaがどういうものか徐々に覚えていきましょう。

 Q2.プログラム言語には、コンピュータが直接理解できる機械語に近い低水準言語と、自然言語に近い高水準言語がある。Javaはどちらの言語に分類されるか答えなさい。

答えは高水準言語。
低水準言語はアセンブリ言語で、そのほかのほとんどのプログラム言語は高水準言語に分類される。

Q3.Java言語を応用した手法の中で、次のキーワードから連想されるものを選択肢からそれぞれ選びなさい。

キーワード

  1. インターネット、ブラウザ
  2. インターネット、サーバ
  3. HTML埋め込み
  4. Beans、部品
  5. i-mode

選択肢

  1. JSP(Java Server Pages)
  2. Javaサーブレット
  3. Javaアプレット
  4. iアプリ
  5. EJB(Enterprise JavaBeans)

答え、1-3、2-2、3-1、4-5、5-4
アプレットは、小さいJavaのプログラムをインターネット上からダウンロードして、ブラウザ上で実行します。
ブラウザ上ではなく、サーバ側で実行するのがサーブレットです。
JSPは、HTMLファイルの中にJavaのプログラムを埋め込み、結果のみを返します。
EJBは、Javaのプログラムを部品かしてほかのプログラムに組み込んで使います。

Q4.次のプログラムソースは、それぞれどのプログラム言語で書かれているかを選択肢から選びなさい。

<strong>1番</strong>
#include <stdio.h>
int main (void) {
printf("Hello");
return 0;
}

<strong>2番</strong>
print "Hello!";

<strong>3番</strong>
public class hello {
public static void main(String[] args) {
System.out.print("Hello!");
}
}

選択肢
Java Perl C

答えは、C、Perl、Java

Q5.Q4のプログラムはすべて同じ実行結果になる。
プログラムの処理内容を予想して答えなさい。

答え、Hello!と出力される。

後はここに書かず机で勉強しよう⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ドテッ

photo by: monkeysox